第26回生研フォーラム「宇宙からの地球環境・災害のモニタリングとリスク評価」開催のご案内
26th IIS forum "Earth observation, disaster monitoring and risk assessment from space"

 昨年に引き続き「宇宙からの地球環境・災害のモニタリングとリスク評価」をテーマとし,従来通り,学会の枠に囚われることなく.幅広く異分野の研究交流の場を提供しています.学生,第一線の研究者,企業,行政の方など,どうぞ今年も奮ってご参加下さい.
 分野は,生態系,水文,モデリング,災害工学,リモートセンシング等における情報収集技術を取り上げるとともに,地理情報システムによる環境,森林,災害リスクの評価など,広域情報の利用を対象とします.実務活動や,研究アイデア,プロジェクト紹介なども歓迎です.
 本フォーラムでも国内の留学生,外国人研究者の参加が増加したことから,少なくとも発表資料は英語で作成することをお願いしたいと思っております.また,2日目と3日目には,Google Earth Engineと機械学習を用いた衛星画像処理トレーニングを実施いたします.
 つきましては,皆様方からの講演の募集を行いますので,ぜひお申し込み頂きますようご案内申し上げます.参加のご予定,フォーラムでの講演発表のご予定を下記Webサイトよりお申し込み下さい.
平成30年1月17日 東京大学生産技術研究所 准教授 竹内 渉

 26th IIS forum is titled on Earth observation, disaster monitoring and risk assessment from space. This forum will provide a unique opprtunity from varietiy of researchers, enterprises and goverment officers to exchange research and business ideas to launch up social innovation approaches.
 Expected application ranges from terrestrial ecosystem, hydrology, modeling, disaster engineering, remote sensing as well as environment, agriculture and forestry, disaster risk assessment by GIS technologies. Research project introduction, innovative ideas for integrated research and real implementation at the goverment jobs are really appreciated.
 Since we have many foreign students and reserchers, we would like to request all participants to prepare their presentation in English. Remote sensing image processing on-the-job training using Google Earth Engine and machine learning are scheduled on 2nd and 3rd day of the symposium.
 Your active participation to apply for a paper submission is highly appreciated. Observers are also warmly welcomed.

January 17, 2018, Dr. Wataru Takeuchi (IIS/UTokyo)

講演会の詳細情報 | Conference information
開催期日 | Dates 平成30年3月6日(火)-8日(木) 10-17時 (3月6日は懇親会を予定しています)
March 6 to 8, 2018 10:00-17:00 (Icebreaker on March 6th)
   
開催場所 | Venue 東京大学生産技術研究所 (駒場リサーチキャンパス) コンベンションホール (A棟2階) | 生研へのアクセス
Convention hall, building A, Komaba research campus, The University of Tokyo | How to access
   
参加費 | Fee 無料 | Free
   
講演申し込みの締め切り | Application deadline 平成30年2月13日(火) | February 13 (Tue.), 2018
講演会発表の申し込み | Application from here
   
講演論文原稿の執筆要領 | Papar format こちらに掲載しております | Paper sample template
発表論文の原稿はA4で2, 4, 6, 8ページです | Number of pages are 2, 4, 6 and 8 only.
   
講演論文提出の締め切り | Full paper submission dealine 平成30年2月26日(月) | February 26 (Mon.), 2018
PDF形式の電子ファイルでの原稿提出 | Full paper submission in pdf format
アップロードされたファイルのURLを管理者までメールでお送りください.| Send uploaded URL link via email.
   
講演のプログラム | Program ダウンロード | Download
   
口頭発表について | Oral presentation 発表時間12分,質疑3分,計15分です.Windows 10とMacOS High SierraのPCを用意いたしますが,ご自分のPCをお使いいただくこともできます.発表資料は英語で作成して下さい.発表は日本語でも英語でも大丈夫です.
12 mins talk and 3 mins Q&A. Windows 10 and Mac OS Sierra PC are available as well as your laptop. Prepare your presentation material in English. You can talk either in English or Japanese.
   
ポスター発表について | Poster presentation ポスターのフォーマットは特に指定いたしませんが,掲示できるポスターの大きさは,最大A0縦サイズです.発表資料は英語で作成して下さい.発表は日本語でも英語でも大丈夫です.
No specific format. Maximum allowance is A0 portrait size. Prepare your presentation material in English. You can talk either in English or Japanese.
   
懇親会会費 | Icebreaker party 1人1,000円を予定しています.当日の申し込みでも大丈夫です.ハラルフードあり.
1,000JPY/person by onsite payment. Halal foods available.
   
事務局連絡先 | Contact
各種お問い合わせ | Any inquries 生研フォーラム事務局 (担当: 吉村) | IIS forum executive office (Attn.: Ms. Yoshimura)
〒153-8505 東京都目黒区駒場4丁目6番1号 | 6-1, Komaba 4-chome, Meguro, Tokyo 153-8505, Japan
東京大学生産技術研究所 Bw-602 竹内渉 研究室 | Bw-602, Wataru Takeuchi laboratory, IIS, UTokyo
Tel: 03-5452-6411
E-mail: yyoko@iis.u-tokyo.ac.jp

Copyright (C) 1992-2018, IIS forum administrators, All rights reserved.
Last Update: February 09 2018 16:43:48
managed by Dr. Wataru Takeuchi, IIS, U-Tokyo.